アクティブな中高年の海外旅行が増え、世界各地へ積極的に出かけています。法務省「出入国管理統計」では、2013年度の海外旅行者における50歳以上の割合は、35.74%となっています。しかし、中高年の旅行が加速するとともに、事故や病気などのトラブルに遭う数も増加しているのが現状です。

 

海外旅行保険は万一の場合に備えて必須

アメリカで溺れて意識不明

海水浴中に溺れて意識を失い、ICUへ。約1か月入院したのち、
看護師付き添いのもと、プライベートジェット機で日本まで搬送された。
(20代女性)

お支払い保険金

旅行先での治療費用 (保険金額全額) 5,000,000円
帰国後の治療費用 (保険金額全額) 10,000,000円
合計 15,000,000円
  • ※現地で実際にかかった治療費用は約3,000万円で、保険金額を大幅に超過。自己負担となった。

保険金支払い例はhttp://www.sjnk.co.jp/kinsurance/leisure/off/case/con1/

 

海外で病気や怪我をされた方を日本に帰国

海外でお怪我をされた時、現地の医療機関では言葉も通じず不安です。そんな時、安心の日本での治療を受けるべく帰国されることが、本人はもちろん、ご家族さまにも安心です。

当社のネットワークを使って今回モンゴルでお怪我をされた方を搬送させていただきました。

羽田空港にチャーター便でお戻り、その後ご指定の病院まで

空港の飛行機が待機する制限区域内へ車両を乗り込みます。

 

チャーター便が待機するエリアはプライベートジェットなどが多数

到着されました。ストレッチャーで患者様を慎重に降機

現地のドクターと看護師さんが飛行機に同乗し、万全の体制で日本まで送って帰ってこられました。その後日本の看護師さんが容態の引き継ぎを行います。万が一に備えて搬送先の病院まで、ドクターと看護師さんが常に車内で患者様の容態を見守ります。

受け入れ先の病院のドクターとも連絡を取り合い、容態の報告や到着時間など、直ぐに処置対応できる様連携を行います。

無事ご指定の病院まで搬送させていただきました

 

今回は緊急対応が必要なご依頼でしたが、当社の機動力を駆使し、ご要望に対応する事が出来ました。当社のポリシーとして、急な搬送依頼など、患者様の安心安全にお答えするべく、基本お断りする事はございません。

日本一の「民間救急」会社を目指して全てのニーズにお答えしてまいります。

私たちが搬送いたします

真心込めて 担当ドライバースタッフ

 

 

安心、安全な患者搬送 ご依頼は

民間救急、患者搬送、全国対応
トータルエージェント株式会社

0120-732-734

24時間電話対応OKです。